危ない自転車乗り

  • 2017.04.17 Monday
  • 14:22

 

桜も満開の時期を過ぎましたが、まだ葉桜と呼ぶには早く、散る桜もまた風情があって良いものです。

いろいろな学校の一年生たちが真新しい制服とカバンで歩いていきます。

気付けば四月も半ば過ぎ。新しい生活が始まった方も多いことでしょう。

 

Eさんは十年くらい前に県外から富士市に引っ越してきた女性。ご主人が亡くなったのを機に、息子さん夫婦と同居するようになったのです。

補聴器の装用はかなり若いころからで、ずっと左耳のみに補聴器を入れていました。当店に電池をお買い求めに来店されたのが最初の出会いでした。

 

Eさんの移動手段はもっぱら自転車です。足腰には自信があるとのご本人の言葉通り、すいすいと街中を走ります。そんな様子を見て私は少し心配でした。

「Eさん、自転車乗るときは気を付けてくださいよ」

「無理をすることはないから大丈夫よ」

「後ろから車が来たときなんか危ないですよ」

「慣れてるから心配ないわ」

Eさんの耳は両方とも遠く、両耳装用を何度も勧めているのですが、効果は認めてくれるものの、わずらわしい、面倒臭い、片耳で慣れているからといって聞き入れてくれません。

 

そんなEさんがある日、唐突に両耳に補聴器を入れるといってやってきました。どういった心境の変化があったのか話を聞いてみました。

「自転車にぶつかりそうになったのよ」

Eさんがいつものように快調に自転車に乗っていました。

後ろからリンリンという音がして振り向きましたが、何もありません。もう一度前を向いたその瞬間に、右側から男性の乗った自転車に追い越されたとのこと。

(Eさんにとって)突然現れた自転車に驚き、もう少しで側溝にはまるところだったそうです。

左耳にしか補聴器を入れていないEさんは後ろから音がするとどうしても左後方に振り向いてしまいます。このとき、追い越しの自転車は右後ろから来ていたので、Eさんは反対側に振り向いてしまい全く気付くことができなかったのです。

 

方向感覚を片耳で全て補うことは難しいです。人間に耳が二つあるのはその必要があるからなのです。

 

Eさんは先週も元気にご来店なさいました。

いつも通り自転車に乗って。                (青木)

 

 

【営業時間】  午前9時〜午後5時

【定休日】   日曜日・祝日・毎月第四土曜日

※時間外でもお電話頂ければご相談を承っております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ana

WEBキャンペーン

MTHA商事Webキャンペーン

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM